生きづらさを抱えるギフテッド・2Eの子をもつ親の会

SHINE ~シャイン~

 

 

ギフテッドは必ずしも「生きづらさ」を抱えるものではありませんが、シャインでは学校や社会にうまくフィットせず、本人やその家族が生きづらさを感じ、子どもの育て方や日常生活での関わり方を模索している保護者の方を対象としています。

 

ギフテッドのお子さんは独特です。価値観やものの見方、捉え方...さまざまな点で他の子どもたちと異なり、一般的に良しとされている育て方が通じなかったり、型破りな方法が必要な場合もしばしばあります。特異な分野で人より秀でているという側面はもつものの、人と違うことで孤独感を感じたり、友達ができないことにもつらい思いをすることがあります。

 

さらに「秀でた能力をもつ」といっても、学校の教科学習に優れているかどうかという点では別であり、そもそも興味の持てない分野では学習が進まず、テストの点は悪かったり、不登校になることもしばしばです。

 

福祉領域にもはまらず、日本の教育の場でうまくやっていくことも難しい、そんなお子さんが多くおられます。

 

周囲に話しても自慢と思われたり、困り感が理解されにくい、また相談先となるべきところでも、ギフテッドや2Eの特性に通じている人がなかなかおられません。 

 

親の会~シャイン~では、参加者同士の交流の中で子育てにヒントを得たり、年長のギフテッド児の保護者がかつて通った道を年少のギフテッド児の保護者に話したりしながら、育てにくい子どものことを学んでいきます。 

 

ギフテッドに関する本の読書会も同時開催。事前に指定した箇所をお読みいただいたうえでご参加いただくこととしていますが、当日のご参加のみでも大丈夫です。お話し合いの中で様々な学びがあります。

 

全国よりZoomにてご参加いただけます。滋賀県大津市ではリアル会場も用意する場合があります。

 

お気軽にご参加ください。


こんな方へ

  • 子どもがギフテッドと言われた。ギフテッドかもしれない。
  • 子どもが学ぶことがはやい、興味のある分野についてはすぐに理解し、上達する。
  • 子どもが共感性が高く、過敏である。
  • 子どもが権威を嫌う。権威があるというだけでは従おうとしない。
  • 子どもがものごとの本質を知りたがる。質問が多い。
  • 子どもが神経発達症(発達障害)の部分もあるが、それだけではない気がする。

 

ギフテッド、2E、タレンティッドの特性は様々です。
IQだけにこだわるのではなく、ひょっとして…と思われたら、ご参加いただければと思います。


2021年度 予定