メンター


ギフテッドなどの特性をもつお子さまの伴走支援です。

 

週に1回程度、定期的にお会いし、日頃感じていることや困っていることなど自由なテーマで話します。

自己理解について進めていく場合もあります。お子さんが他人と話をしてみようと思われる状態の方が対象となります。

 

初回は直接面談し、その後はZoomでの対応も可能です。

個別での対応です。

 

 

対象:中学生から20歳代半ばくらいまでの当事者

ご相談


ギフテッドや2E に関して、また不登校などの二次障害について保護者様からのご相談をうけたまわっております。

 

高い能力を持ちながらも困り感をかかえている、なかなか周囲に理解してもらえず、どうしていいのかわからない。相談すると自慢話と思われ、相談にならない。心理士と話しても問題ない、過保護・過干渉と思われる。

 

Zoomでの面談可能です。個別対応。

 

対象:ギフテッド、2E、発達障害など特性をお持ちのお子さんの保護者



生きづらさを抱える2E・ギフテッド

突出した才能があるギフテッドのなかには、なんら困難がなく、社会へ順当に適応できる人もいます。

しかし、突出したものがあるがゆえに、内省感が強く生き方に悩んだり、学校や周囲の同世代の友達とうまくやって行けずに孤独感を感じる人もいます。

感情が激しく揺さぶられることが多く、喜びや楽しみを大きなものとして感じるとともに、心配事や悲しいことなど負の感情も大きく捉え、情緒的に苦しくなることもあります。

 

自己の考えがしっかりとあるため、人の意見を受け入れられなかったり、そもそも受け入れる必要も感じず、多少の相違点に目をつぶれず、批判的に考察することもギフテッドの特性のひとつかと思われます。

 

ギフテッドのお子さんは相談相手を見抜きます。合理主義者のところもありますから、相談相手と話す価値があるのかどうか自分で判断します。

 

激しさを伴い、情緒的に不安定で、完璧主義なギフテッド... そんなギフテッドは、周囲の人に理解してもらいたいのに、理解されることが少なく、サポートが必要なのに、サポートなんて受けたりしない。

 

そういったお子さんをメンターとして伴走支援し、社会に軟着陸できるようにサポートしていくのが、メンター制度です。相談相手として選んでいただけるように願っておりますが、選ぶのはお子さんです。

 

まずは初回無料面談からご予約下さい。

 

 

こんな方へ

  • 子どもが高IQ、ギフテッドのことを知りたい。
  • 子どもが発達障害と言われた。
  • 自分が発達障害と言われた。発達障害かもしれない。
  • 生きづらさを抱えている。
  • 人間関係がうまくいかない。
  • 子どもが不登校、行き渋りがある。
  • 合理的配慮について知りたい。
  • 子どもと直接関わってくれるメンターを探している。

主なご相談内容

  • 発達障害・学習障害に関するご相談
  • 発達障害の子どもを持つ保護者様向け伴走支援
  • ギフテッド、タレンティッド、2Eに関するご相談、メンター、伴走支援
  • 不登校に関するご相談

 

 

谷川 知

Consectetur adipiscing elit. Inscite autem medicinae et gubernationis ultimum cum ultimo sapientiae comparatur.

Mihi quidem Antiochum, quem audis, satis belle videris attendere. Hanc igitur quoque transfer in animum dirigentes.


伊藤いつか

社会福祉士(国家資格)
小学校教員免許

高等学校教員免許 


私は、小学校の公教育の現場で教員として働いてきました。学校のお仕事は大変でしたが本当に魅力的で、私は毎日子ども達から元気をもらっていました。

ただ、学校での集団活動がどうしても合わずに、しんどい思いをしている子ども達がたくさんいることも知っていた私は、地域で「不登校」となった子どもたちのためにできることが何かないかと考えていました。

トライアンフでは、ひとりひとりの心理状況や興味関心に合わせ、学校とはちがった方法で学びを深めていきます。

子どもたちの願いや想いを一番大切にしていきます。

また、地域全体を学びの場としてとらえ、街のさまざまな方々との触れ合いを大切にしたいと思っています。

子ども達が地域の大人に温かいまなざしで見守られ、健やかに育っていけるように私はいつも願っています。